本はたくさん読んでいるのですが 国語の成績が伸びません

   小中学校に勤務していた時からずっとこの質問にぶつかってきました。

どんなジャンルの本でしょうか 読み方はどうでしょう 読んだあとはどうでしょう

お子さまご本人も保護者の皆様も、読書量が多ければ、当然の結果として

   国語の成績は高いだろうとお考えだと思います。 でも実際は・・・・

 まず、マンガや推理小説は私も大好きなのですが、ほとんどはストーリーの

展開が楽しくて、早く早く先が知りたくてスイスイ読む。

じっくり心情や登場する事柄の結びつきや関係を考えることは少ないでしょう。

 また学校図書館の図書カードのスタンプを増やすことに一生懸命なお子さまもいます。

読み応えのある、また日本語としてのリズムや表現の美しさのある本を読んでほしいですね。

芥川龍之介や太宰治の作品は、古典にも通じるものがあるし、内容も面白く読みやすく、

感じたり考えたりするには適していると思います。

 もう一つ、読んだあとのアウトプットはいかがでしょうか。

どんなお話だったのか。どう感じたのか。 お子さまに「しつこい!」と嫌われない

程度に聞いてみましょう。

大事なことを要約して話せる、感想をもてることがすごく重要です。

短く簡単な内容でも話してくれたら「ありがとう!」を忘れずに。

お子さまも自信をもって、どんどん深く読み込み、表現力も高まっていきますね。

 最後に、中学になったらテストの点が急に下がった・・・それもよく耳にします。

小学校のテストは先生や友達と何時間も学習した内容がほとんどそのまま出題されるから

100点 95点はあたりまえなのです。 中学校のテストではまるっきり同じ文章や問題は

ほとんどないでしょう。 3年の総合テストとなればなおさらです。

どこから出題されても対応できる「地頭」を鍛えておかなくてはなりませんね。

関連記事

コース一覧

幼児コース   小学生コース   中学生コース
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    合格実績
     
    ゴンだより
     
    生徒さん保護者様と塾の約束
     
    年間カレンダー

    ページ上部へ戻る