年長さんの算数文章問題  問題の意味がわかっていないようですが・・・

塾長ブログ

 教室の授業で送迎の際には、このご相談も多く寄せられています。

小学校1年生になっても、問題文の意味がわからないために、イメージがわかない。

何をきかれて、何をどのように、こたえたらいいのか わからないという

お子さまは少なくありません。

 結論から言いますと、 「読んであげましょう。」

年長さん~1年生では 発達に大きな差があります。

 誕生日も4月と3月では、およそ1年ちがいます。

生まれてからのたった6年間のうちの1年は大きいですね。

 身長の伸び方も、文字や数の理解力の伸びも個人差があります。

そこを理解して、焦らずに、今は「読んであげるとき」として対応しましょう。

 お子さまが 自分では 一文字 一文字読んでいたので 意味が解らなかったのを

お母様が 読んであげることによって 文章が意味のあるかたまりで 入ってきますと

「ああ そういうことかあ  それなら わかる!」となります。

  幼児さん~低学年のうちは 日本語の文章を読むリズムも 身に着けておきたいものです。

見本があると 一人で読んで 理解し 解けるようになっていきます。 

 その日が 来ることを信じて

「お母様が 問題を読んであげる」を 積み重ねていきましょう。

 小学校2年 3年になるころに  算数や国語・・・さまざまな面で 大きな効果をもたらします。

関連記事

コース一覧

幼児コース   小学生コース   中学生コース
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    塾長ブログ
     
    合格実績
     
    ゴンだより
     
    生徒さん保護者様と塾の約束
     
    年間カレンダー

    ページ上部へ戻る