小学校1年 2年 3年 の算数文章問題 どこまで教えていいのでしょうか

どのお子さまも 問題のお話の内容が イメージできれば どんどん解いていきます。
できると うれしいし、 それを ほめられると もっとやる! となります。

まず 
イメージできるためには
・わからない漢字や言葉の意味は教えましょう。 国語力をあげることにもなります。
・すらすら読めない場合は、読んであげましょう。こちらも国語力アップにつながります。
 これで、問題の意味や登場するものの関係がイメージがつかみやすくなります。

つぎには
 ・一つの文ごとに、絵や図にすることを確認します。
 ・しかも「わける」「そろえる」をきっぱりと意識させます。
 ・小学校4年生 5年生 6年生の算数文章問題では「ひろげる」が加わります。
  それでも 「わける」「そろえる」だけで ほとんど解けます。

そして 最後は 何を答えたらいいのかを アンダーラインや○でかこって確認

ここまでです!  ここまでやったら 、あとはお子さまに任せましょう。
 一つひとつの問題を答えがでるまで、教えていたら、実力がアップしません。

 自分で粘る やりぬくことでしか 学ぶ力は伸びません。

 自分で調べて 考えて わかったことが 脳を喜ばせます。
 だから、一生学ぶことじたいが喜びになるのです。
 人間の脳は そのようにできているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る